債務整理と任意整理の違いとは? ※何か違いがあるのか解説

債務整理と任意整理の違いとは? ※何か違いがあるのか解説

債務整理と任意整理の違いとは? ※何か違いがあるのか解説

債務整理と任意整理を別の手続きだと思っている方がおられるかもしれませんが、実は任意整理は債務整理の一種です。
債務整理の方法は複数あり、裁判所を通じて行う自己破産や個人再生、特定調停、個人間での話し合いで決着をつける任意整理などがあります。
任意整理は、債務整理のうちのひとつということになります。

任意整理の特徴は、債権者と債務者が個人的に交渉して合意するところにあり、裁判所など公的な機関を通さないため、法的な強制力はありません。
必ず話し合いに応じてもらえるという保証はない一方で、整理したい債務とそうでない債務を選択できるなど柔軟な対応ができます。
保証人がいる債務を整理すると保証人に請求が行くため、迷惑をかけないようにその債務は除外するという使い方ができるのです。
また、裁判所を使わないので官報に掲載されることがなく、プライバシーも守られます。

ただ、任意整理で減るのは借金の金利分だけですので、元本は月々きちんと返済していかねばなりません。
自己破産のように借金が全額免除されるわけではないので注意が必要です。

このように、任意整理は交渉を通じていまある借金の額を減らし、完済を目指す方法だといえます。
一定の収入があり、借金の額もまだ返済できる見込みがある程度の方に適した債務整理です。


ホーム RSS購読 サイトマップ