債務整理中は借入できる? ※できる可能性もゼロではない?

債務整理中は借入できる? ※できる可能性もゼロではない?

債務整理中は借入できる? ※できる可能性もゼロではない?

基本的に債務整理中の人間が再び借入するのは、同じ事の繰り返しなのでタブーとされています。
信用情報機関に事故情報として個人データが掲載されている期間は、そこそこ知名度のある貸金業者やカード会社からは審査の時点でアウトになる可能性は大きいです。
その理由は、消費者金融やその他金融機関が貸付審査をする際は、貸したお金を返す能力があるか信用情報の個人情報をチェックして必ず確認を行います。
特に自己破産している場合は、債務整理中にキャッシング行為をしてしまうと、再び破産の道を進んだとしても次は免責を得られないリスクがあります。
破産中の借入は、十分に申し分ない免責不許可事由になり得ますので、信用情報に載っている期間は同じ過ちをしないように気をつけたいところです。
ただ同じ債務整理でも利息カットの借金を弁済する形の任意整理をし、債権者に滞りなく返済を続けている時は、その成果次第で整理期間中でも借入を認めてくれる業者もあります。
大手のキャッシング会社は無理でも、居住・勤続年数が1年以上を経過していれば、中小金融ローン会社なら任意整理中でも貸付審査を行ってくれるケースがあるようです。
任意整理というのは安定収入者のみが適用できる制度であり、返済能力もその時点で実証できるので、審査をスムーズに進めてくれる可能性があります。
しかしどうしても必要になるお金以外は、債務整理中の借入を極力慎むのがルールであり、自らの信用と正しい金銭感覚を取り戻すためにも二度の債務整理をする事がないよう努めていくべきです。


ホーム RSS購読 サイトマップ