債務整理まさかのデメリットとは? ※手続前に必ず確認!

債務整理まさかのデメリットとは? ※手続前に必ず確認!

債務整理まさかのデメリットとは? ※手続前に必ず確認!

多額の借金を抱えてしまい身動きが取れなくなってしまった場合などは、債務整理を行うことで債務の大半または全てを消滅させることができるため、債務整理は非常に便利な制度です。
ですが、債務整理はメリットだけでなく、デメリットも存在しています。事前にしっかりとデメリットを確認せず、後々になって後悔する可能性もありますので、良く確認しておきましょう。

1.借入が出来ない期間が生じる
債務整理による最大のデメリットは、債務整理後から一定期間金融機関からの借入が出来なくなってしまうという点です。
これは俗言う「ブラックリスト入り」というもので、正確には信用情報機関という期間に債務整理を行ったことが登録され、全ての金融機関に情報が共有されてしまうため借入ができなくなります。
借入制限の解除までの期間は正確には決められていませんが、概ね5年から10年となっているケースが多いとされています。

2.財産が処分される
これは、債務整理の中の自己破産を行った場合のことですが、価値があると判断された財産は全て処分されてしまいます。当然、住宅や自動車なども処分されてしまいますので、その後の生活に与える影響は小さくありません。

3.官報への掲載
こちらは債務整理の中の自己破産と個人再生の2つの手続きを行った場合になされます。あまり官報をしっかりと読んでいる人は多くありませんが、偶然官報に載ったところを見られてしまうという可能性はあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ