債務整理は2回目もできる? ※二度目の債務整理を検討中の方は注目

債務整理は2回目もできる? ※二度目の債務整理を検討中の方は注目

債務整理は2回目もできる?

 

2回目の債務整理をするときに気をつけるべきことは、
まず、1回目とは比較にならないほど、
厳しく現状を審査されるということを忘れないで下さい。

 

1度債務整理を行うと、7年間は情報が消えません。
つまりその間は身動きが取れないばかりか、
信用情報に傷がついてしまうのです。

 

1度目なら、条件を満たしていれば、簡単に債務整理が行えます。
しかし2度目となるとそうはいきません。

 

まず、債務整理では弁護士が間に入り、
再生計画を練らなければならないのですが、
その際には生活費や遊興費、日頃使っているお金の配分が、
計画性から見て適切かどうかをつぶさにチェックされます。

 

そこでお金の使いすぎを指摘されれば、
債務整理を行う前段階で弁護士から指導が入ることになります。

 

知人の体験談ですが、知人は自分の給料の倍近くの生活をしており、
そのために借金をくり返していました。

 

当然ながら弁護士は債務整理以来を断りました。

 

理由は

 

「このままでは再生計画を立てられないから、
まず生活費を抑えることが重要で、それからの話」

 

と一刀両断にされたのです。

 

知人のまずかったところは他にもあり、
知人は過去に一度、債務整理を行っていたのに
7年後にまたすぐ債務整理を行おうとしたため怪しまれてしまい、
弁護士が取り合ってくれませんでした。

 

このように、2回目以降の債務整理を行おうとすると、
非常に厳しい審査が待っているということだけは忘れないで下さい。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ